投資は他人任せにせず自分で勉強しよう

  • 2018.09.17

金融市場での「投資」という行動は所有する様々な資本を経済・経営活動、あるいは金融市場を通じてリスクの存在する投資対象に対して投入することである。資本投入する対象としては様々な種類の投資(金融)資産がある。 【解説】アセットアロケーションの基礎。アセットアロケーション(投資配分)は最初に決定したからといっておしまいではないのです。自分の決めたアセットアロケーションの取引状況を日ごろから精査し続けるこ […]

ハイリスク・ハイリターンの商品は何?

  • 2018.09.16

MMF:公社債(国債、社債など)や短期金融資産での運用をする投資信託のことである。取得後30日未満に解約しちゃうと・・・これは手数料に罰金が上乗せされるのである。 ここ数年、偽造・盗難キャッシュカードによるものや振り込め詐欺、またさらにインターネットにおけるパスワードなど情報の詐取によって起きた損害などこれまでと違う銀行取引に関連した悪質な金融犯罪が深刻な社会問題となっているのだ。 【ポイント】テ […]

金融分野での投資の定義は

  • 2018.09.15

金融分野での投資の定義は、保有する様々な資本を経済あるいは経営活動を通じてリスクの存在する投資対象を選択して投じることと言えるだろう。資本を投入する対象には多様なタイプの投資資産(金融資産)があるのです。 格付けによるランク付けを活用する理由(魅力)は、わかりにくい財務に関する資料を理解することが無理でも評価によって知りたい金融機関の財務状況が判断できるという点にあり、また、ランキング表で健全性を […]

将来を見越しての投資を

  • 2018.09.14

金融分野での「投資」の持つ意味は所有する様々な資本を経済市場・経営活動を通じてリスクも持ち合わせた投資対象に対して投下することである。資本を投じる対象としては多様な種類の金融商品・投資資産がある。 【知っておきたい】「仕手」というのは、人為的に株式価格の通常にはない操作を実行する投機手段。こういった行為は違法行為なのだが、実際には、この行為が行われなくなることは無いと思われます。 【投資の前に】株 […]

運用のための費用は確保しておきましょう

  • 2018.09.13

【解説】「投機家」、「トレーダー」と呼ばれる人たちが、そうでない人が行う常識的な株の買いに加え、空売りという手段による売りも行うということに対し、いわゆる「素人」はよほどのことがない限り、「買い」から入る。 保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することなどを目的とした保険業法の定めに基づき、保険の取り扱いを行う企業は生命保険会社あるいは損害保険会社に分かれることとされ […]

運用にかかる費用はどれくらい?

  • 2018.09.12

株式取引については、多くの場合現物取引のみによって長期的な投資をするような取引のスタイルを採用するのであれば、大きな額のリスクを背負うことなく運用する事ができるのだ。 保険とは、予測できない事故で発生した財産上の損失を想定して、賛同する多数の者が一定の保険料を出し合い、準備した積立金によって保険事故が発生した際に保険金を給する仕組みということ。 海外で株式市場あるいは不動産に投資をすると、株や不動 […]

株式の取引においては

  • 2018.09.11

覚えておこう、ペイオフ⇒防ぐことができなかった金融機関の倒産をしたことによって、預金保険法で保護の対象となった個人や法人等、預金者の預金債権に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。 簡単に知りたい。バブル経済(80年代から91年)っていうのは市場価格の動きが大きい資産(例:不動産や株式など)の市場での取引金額が過剰な投機により経済の成長を超過しても高騰し続け、最終的 […]

平成22年9月10日に起こったこと

  • 2018.09.10

【経済用語】金融商品はご存じのとおり、日本の法令上、金融商品取引法(旧証券取引法)の定めに従って、決められた理論なのであり、有価証券と外貨取引、金融デリバティブなどを含む。 【知っておきたい】REITについて⇒不動産投資信託(Real Estate Investment Trust)という内容を表す言葉なのだ。一般的に、投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)で定めされた日本版REIT(つまりJ […]

資産を増やすチャンス

  • 2018.09.09

我々の言う「失われた10年」が示すのは、国の経済やどこかの地域における経済が10年以上の長い期間にわたる不況と経済停滞に襲い掛かられた時代を意味する言い回しである。 投資する株だけでいいと、株式の変化だけに注意するようなことでは、例えば為替市場の動向が原因で株式市場の価格が変動した際、その株価の動きの原因が理解できず、その後の変動に適切に対処できないと予想される。 覚えておこう、外貨両替の内容⇒海 […]

保険業法とは

  • 2018.09.08

小渕首相が逝去、森内閣が発足した西暦2000年7月、大蔵省(当時)からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を新たに統合し約2年前に生まれた金融監督庁を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)に再編。そして2001年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、現在の内閣府直属の外局となったのです。 【常識】カバード・ワラントのこと。ゴールドマン・サックスが取り扱っているeワラント( […]

信用格付機関による格付けを利用するメリットは

  • 2018.09.07

日に何回も売買を注文するという作戦の「デイトレード」。これに対して、1日ではなく、数日程度のデイトレードではない持ち越しの取引方法を「スイングトレード」と呼びさきほどのデイトレードとは区別する必要がある。 【投資の前に】テクニカル分析という分析法は、株式、商品取引そして為替等の扱われる取引市場において、これまでに起きた実績の時系列に沿ったパターンから、将来の市場の価格の動きに関して予想及び分析を試 […]

外貨MMFとは?

  • 2018.09.06

必要な運用管理費用はほぼ0.1〜1%だから、インデックス型ファンド(インデックス:商品価格などの指数(インデックス)に連動)も含むほかの投信に比較してみてかなり低めになっているので、投資商品として長期の投資にちょうどよい投資商品であると定義されている。 きちんと知っておきたい用語。ペイオフについて。突然の金融機関の経営破綻による倒産のとき、預金保険法で保護しなければならない預金者(自然人又は法人並 […]

まさに世紀末の西暦2000年7月

  • 2018.09.05

【投資の前に】外国為替市場は、外国為替(国際間の取引を信用手段によって決済する方法)取引がされている市場を表す名前なのです。しばしば外為市場というふうに略して呼ぶこともあり、通常は銀行のみが参加し短期資金や外貨を取引する為替銀行間取引が行われる市場を表す名前。 一般的にペイオフの意味は起きてしまった金融機関の経営破綻による業務停止の際に、預金保険法の規定によって保護する個人や法人等の預金者の預金債 […]

きちんと知っておきたい用語

  • 2018.09.04

株はぴったりと関係しあっているのは、投資信託とか株式などだと言える。こういった株に近い商品にも注目しながら取引することで、きっと株の動向をもっと感じることができるようになるのである。 【投資商品】株の売買を引き合いに出せば、個人投資家の利用している取引形態は、実際に証券会社へ行っての窓口または営業に依頼する対面での取引よりも、ネットを経由したオンライントレードのほうが完全にメジャーになっている。 […]

金融商品の基礎はしっかり把握しておこう

  • 2018.09.03

きちんと知っておきたい用語。保険は、想定外に発生する事故により発生した主に金銭的な損失に備えるために、立場が同じ複数の者が少しずつ保険料を掛け金として納め、整えた資金によって突如発生する事故が発生した際に規定の保険金を給付する制度なのです。 現代は「フツーの」ビジネスマンとして投資が当たり前になっている。金融商品への投資はお金を殖やすことが可能なだけでなく、経済についての知識が習熟することでビジネ […]

スキャルピングのおすすめ本は?

  • 2018.09.02

【経済の基礎】スキャルピング:デイトレード(その日のうちに複数回の取引を行い、細かく利益を積み重ねる売買手法)のうちでも、数秒とか数分の間にわずかな株価が上下しただけでも売買や反対決済を行う取引を指して「スキャルピング」(scalping)という。 ということは安定的というだけではなく活気にあふれたこれまでにない金融市場システムを生み出すためには、民間金融機関や金融グループと政府がお互いの抱える解 […]

カバード・ワラントとは?

  • 2018.09.01

【解説】外貨両替とは?⇒例えば海外旅行にいくときとか外貨が手元になければいけない際に活用されている。最近は円に対して不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する動きもある。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。 覚えておこう、金融機関の(信用)格付けの解説。ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関、社債などを発行する会社の債務の支払能力や信用力などをアナリストの […]

REITの定義はなに?

  • 2018.08.31

よく聞く「失われた10年」→ある国そのものの、または一定の地域の経済が10年くらい以上の長い期間にわたる不況、さらには停滞にぼろぼろにされた10年を表す語である。 株だけに投資するのが理由で、株だけに注目するようなことでは、為替市場の動向に影響されたことで株価が変動しても、その株価の上下の原因が理解できず、その後の変化にうまく対処することができない可能性が非常に高い。 【解説】デリバティブ⇒伝統的 […]

金融ビッグバンとは?

  • 2018.08.30

特別の法律により設立された法人である日本証券業協会とは、証券会社等の有価証券に係る取引(売買等)等を公正で円滑なものとし、金融商品取引業が健全なさらなる発展を図り、投資者を保護することを協会の目的としているのだ。 【解説】FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引)はわずかな資金の預入しかできなくてもとても大きな金額での取引できますが、手にすることができる儲けが大きくなる裏側で損失もものすごい金額にな […]

バブル経済を体験したことありますか?

  • 2018.08.29

【用語】外貨預金⇒銀行で購入することができますが、円建ての預金とは異なり預金保険制度(万が一金融機関が破綻した際は預金者等を保護する)の対象とならない。MMF(MMF:公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で主に運用される投資信託)は証券会社またはネット銀行等で購入できるのである。 要は「失われた10年」とは本来、その国全体、またはある地域の経済がほぼ10年以上の長きにわたる不況並びに停滞にぼろぼ […]

1 3