改めてケーブルテレビとはどういったものなのでしょうか

ケーブルテレビとは文字通りケーブルを用いた有線放送で、元は山間部や人口密度の低い地域など、テレビ局からの電波を受信しにくい家庭でも、安定してテレビを視聴できるようにしたサービスです。

 

電波はケーブルテレビ局が受信し、同軸ケーブルまたは光ケーブルを電柱から各家庭へと繋げて、特殊な機材を用いて分配するため、本来は地上波テレビを受信するために必要なアンテナも不要となります。

 

現在は地上波テレビ放送の他に、別途利用登録することでBSテレビ放送、CSテレビ放送を送信し、ペイパービューやビデオオンデマンドの提供や、空いたチャンネルを地域のサービスに提供し、地域限定のローカルチャンネルを送信していたりします。

 

通常はラジオ放送を抜いた電波放送をケーブルテレビと定義していますが、最近ではラジオ放送も再送信するケーブルテレビ局が多く、FMだけでなくAMも聴くことができるようになっています。

 

また近年の災害に対する危機感から、防災情報を送信するサービスも行われており、自主放送で緊急地震速報などの防災情報が提供されています。

 

接続方式にはパススルーやSTB方式があり、戸建てで新規契約する分には問題ありませんが、すでに集合住宅で共同受信設備を設置していた場合は、接続方式による対応が変わります。

 

地上デジタルだけを視聴するのならそのまま使用できますが、BSやCS放送を視聴しようとした場合は、ケーブルテレビを契約した人に確認を取る必要があります。

 

また近年は高速なインターネットサービスやIP方式の電話サービスなども1つにまとめたセットで提供するオールインワンサービスがあり、契約自体は便利ですが、賃貸住宅でこのサービスを受けると引っ越しの際に面倒な手続きが増えるというデメリットもあります。

 

しかし複数の会社との煩雑な契約が必要なくなるため、定住する場合ではメリットが大きく、都市部でも加入者は年々増加しています。

 

日本のように密集した地域では優位性は低いものの、人口密度の低いアメリカでは普及率が極めて高いことでも有名です。