バブル経済を体験したことありますか?

バブル経済を体験したことありますか?

【用語】外貨預金⇒銀行で購入することができますが、円建ての預金とは異なり預金保険制度(万が一金融機関が破綻した際は預金者等を保護する)の対象とならない。MMF(MMF:公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で主に運用される投資信託)は証券会社またはネット銀行等で購入できるのである。
要は「失われた10年」とは本来、その国全体、またはある地域の経済がほぼ10年以上の長きにわたる不況並びに停滞にぼろぼろにされた時代のことを指す言い回しである。
【投資商品】株式累積投資:株式をあたかも積立貯金のように一定間隔で購入が可能である株式累積投資指定した銘柄を、毎月、一定の額で買い付けることのできる制度)は、株価の極端な変化を抑制できるドルコスト平均法を利用しているので、株式を購入する価格を平均化することによって取引の危険性を低減ができるのです。
【知っておきたい】スキャルピング:デイトレード(その日のうちに複数回の取引を行う売買手法)のうち、わずか数分の間にわずかな株価が上下すると売買や反対決済を成立させるテクニックを指して「スキャルピング」(「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」とも)という。
西暦1998年12月に、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として大臣をその委員長と定められた新たな機関、金融再生委員会を設置し、官僚を長とする金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止まで、その管轄下に2年余り配されたことになる。

【解説】バブル経済(わが国では平成3年まで)とは何か?時価資産(例えば不動産や株式など)の市場価格が過剰な投機によって実体の経済成長を超過してもさらに高騰し続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態のことである。
株となら緊密に関係しあっている金融商品は、投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する商品)、株式などがあげられる。こういった金融商品にも関心をもって投資することで、必ず株の動きを身近に感じることができるようになることは間違いない。
【投資商品】金利や株式、為替の価格の動きに連動している金融商品にも必ず分散して投資することで、たとえ株式で損失を被っても、金利または為替での利益で補てんすることができ、発生した損を低く抑えることができるのだ。
麻生内閣が発足した2008年9月のことである。アメリカの最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが誰も予想しなかったことに経営破綻したのです。この経営破たんが全世界を巻き込んだ金融危機の引き金になったことからその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのです。
【投資の前に】ネット証券が出現したので取引に支払う売買の際の手数料は、このごろは数百円ほどに下がり、心置きなく取引、情報収集ができる状態に遂になったのである。

株だけに投資するからと、株式の動きだけに注意する状態では、為替市場の動きに影響されたことで株式市場の価格が変動しても、変動の理由がわからないままで、その後の変動に対処できない可能性があるのです。
【解説】資産配分:許容してもよいと考えている金額の範囲に合わせて投入できる投資資金を商品の特徴が違う少なくとも2つ以上の金融商品に分けて投資する方法を、アセットアロケーション、つまり資産配分と呼ぶ。
【解説】カバード・ワラントの中には、ゴールドマン・サックスが扱うeワラント(対象原資産を証券化した金融派生商品)だとかポケ株ワラントなどの商品がある。基本的にはわずかな資金から取引することができるポイントが魅力です。
【紹介】ETF投資のリスク(危険性)というのは、ほとんどの場合(1)価格変動リスク(2)信用リスク(リンク債やOTCデリバティブ取引などの場合)(3)その他のリスク(上場廃止など事情が急変した場合など)などがある。(2)についてのリスクは取引によっては非常に注意が必要です。
株式の取引においては、常識として現物取引(投資金額の範囲での取引)のみで長期的(短期的ではない)な投資をする取引のスタイルを考えれば、巨額の危険性がほとんどない状態で投資することが可能。