チャート分析について

チャート分析について

【トラブル】金融ADR制度⇒金融関係の分野についてトラブルを裁判以外の方法で解決を図る制度(ADR)のことで、金融機関の商品やサービスに関す るトラブルを簡単・短期に解決することができる方法として位置づけられているのだ。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行が信じられないことに破綻してしまったのである。この破綻によって、史上初のペイオフ(預金保護)が発動したのである。このとき全預金者のうち3%程度、しかし数千人が、適用対象になったと推測されている。
【金融商品】金地金の種類。積立金額が変化しないよう取扱会社から金を購入する純金積立と違って、純金の現物(金地金)を純金販売業者(地金商や鉱山会社、銀行、証券会社、商社等)で売買する。注意!500g未満の地金(1kgで約380万円:2010年)には加工手数料がかかるので、通常は500g以上をまとめて購入します。
【重要】ストップロスというのが、できないとするなら、投資でことは決してできません。その時点での損をみずから認めることができる肝っ玉を持つことが必須である。もし、ストップロスが無理な人であれば、絶対に投資はしてはいけない。
【経済用語】スキャルピング:デイトレード(1日に何度も取引を行い、利益を積み重ねる売買手法)のうちでも、ほんのわずかな時間に数ティック株価が上下したのを知ると売買を行う取引のことを称して「スキャルピング」(scalping)と呼ぶのだ。

【解説】eワラントの基礎。対象になっている資産を証券化(低コスト化が可能)した金融派生商品(例:日経225オプション取引)のひとつです。名門ゴールドマン・サックス・インターナショナルが発行したカバード・ワラント(コール型とプット型がある)のことなのです。
もしも、投資についての勉強や情報収集がやりたくないとか、どうしても時間がない人は、金融の専門家に資金運用を任せてみるとか、必要な勉強や情報収集がそれほど重要ではない金融商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)を選択するのが当たり前。
ですからチャート分析だけによって行う“株式投機(投資ではない)”というものは、どうしても取引の瞬間が重要なのです。しかしこの時期を見定めなければいけないのでとても難易度の高いことです。
【ポイント】金融ビッグバンってなんでしょう。我が国で長嶋茂雄の「メークドラマ」が流行語となった1996年から21世紀最初の年となった2001年において展開された全国的な歴史的な金融制度の抜本的な改革を示す経済用語です。
【解説】金融機関格付の果たす役割は、明快にまとめて述べると、「比較する情報の比較できない部分をなくす」効果で「情報によって金融市場を活発にする」ことなのである、と断定することができるのだ。

【経済の基礎】テレホン・マーケット(取引の意思疎通が電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のうちよく知られたものでは、例えば一番にインターバンク市場(取引参加者は金融機関に限定され、資金の出し手、取り手の間を短資会社が仲介している)としての外国為替市場( Foreign exchange market、外国為替取引が行われる市場。外為市場とも)や銀行間取引のうち短期金融市場であるコール市場などの市場がある。
つまり「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」以上、重要な機能についてを銀行の3大機能と言うのである。この機能は「預金」「融資」「為替」といった業務それに銀行自身が持つ信用によってはじめて機能していると考えられる。
知っているようで知らない。株式の詳細。債権ではなく出資証券(つまり有価証券)であり、株式に記載されている企業には株式を手に入れた(出資した)株主に対する出資金等の返済に関する義務は発生しないと定められている。そのうえ、株式の換金方法は売却のみである。
【常識】カバード・ワラント:ゴールドマン・サックスのeワラントだとかポケ株ワラントなどの初心者向けの商品があり、どちらも基本的に少ない資金から投資することができる特徴が大きな魅力なのです。
【ポイント】株式投資では、多くの場合現物取引(投資金額までの売買)での長期的な投資をする方法を使うのであれば、大きな額の危険性を背負わずとも投資で運用することができるということ。