接続の際、チューナーは必要なの?

最近の賃貸物件では、オーナーがケーブルテレビ会社を一括契約していて、入居者が無料でBS放送やCS放送も含め、多くのチャンネルを視聴できるお部屋があります。

 

このことは不動産会社が作成する広告にも記載されていることもありますが、情報化社会に疎い地元の不動産業者が管理会社の場合などは、このメリットを理解していなため、入居予定者に十分に周知されません。

 

そして、このサービスが提供されている物件で、チューナーを介さず直接テレビコンセントとテレビを接続しても、多チャンネル放送を見ることができません。
なのでせっかくオーナーが費用負担して、このような契約をケーブルテレビと結んでいても、実際にそのサービスを享受できていない入居者が多く見られます。

 

ではどのようにすれば多くのチャンネルを視聴できるのかといいますと、入居者はケーブルテレビ会社に連絡し、チューナーを設置していただく必要があります。
もちろんこのチューナー設置費用は無料ですので、このような物件に入居した場合は必ずチューナーを設置してもらい、テレビの設定をしていただきましょう。

 

またオーナーとケーブルテレビ会社との契約内容によっては、インターネットまで無料で利用できる場合があります。

 

しかし無料で利用できるプランは回線スピードに限りがあるタイプがほとんどなので、動画を繰り返し視聴するなど10M以上の回線でインターネットを楽しみたい方は、ご自身でケーブルテレビ会社とオプション契約を交わし、より良い環境にグレードアップしてください。