ケーブルテレビは有線による安定したテレビ放送を提供するサービスで、地上波テレビ放送以外にもBS放送、CS放送などの有料チャンネルも扱っています。

 

近年ではインターネットの普及によって、ほとんどのケーブルテレビ局でテレビ放送以外に、電話やインターネットなどの各種サービスを提供しています。
光ハイブリッドという方式で各家庭に電波、ネット回線を提供しているため、光ファイバーほどの速度は見込めませんが、ADSLよりは回線速度が速いとされています。

 

ケーブルテレビの光ハイブリッドは、ツリー方式で各世帯に配信していますが、支線から家庭までは同軸ケーブルを使用しているので、ノイズが入りやすい傾向にあります。
また数百世帯で共有している所もあるので、混雑時には速度が低下する可能性もあります。

 

しかし、ADSLの最大のネックである通信距離における信号劣化の問題がないのが特徴で、高速回線は望めませんが、諸事情で光ファイバーが契約できない場合や、交換局から遠すぎてADSLの速度が出ないといった場合には、非常に有効なサービスだと言えます。

 

またテレビ放送とセットで契約ができるので、個別にインターネット契約を結ぶための煩雑な手続きが不要となり、支払い先が一本化できるのは大きなメリットです。
最近では賃貸マンションなどでケーブルテレビの設備が整っていることもあるので、そう言った物件に引っ越し際は、セットで利用するとコストがかからずお得になります。