まさに世紀末の西暦2000年7月

まさに世紀末の西暦2000年7月

【投資の前に】外国為替市場は、外国為替(国際間の取引を信用手段によって決済する方法)取引がされている市場を表す名前なのです。しばしば外為市場というふうに略して呼ぶこともあり、通常は銀行のみが参加し短期資金や外貨を取引する為替銀行間取引が行われる市場を表す名前。
一般的にペイオフの意味は起きてしまった金融機関の経営破綻による業務停止の際に、預金保険法の規定によって保護する個人や法人等の預金者の預金債権に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度である。
【知っておきたい】eワラントって何?権利の対象になっている原資産を証券化(資金化のため)して販売する金融派生商品(例:くりっく365など)のひとつであり、名門といわれるゴールドマン・サックス・インターナショナル発行のカバード・ワラント(オプション取引の一種、オプションを証券化したものを指すことが多い)のことを意味します。
世にいう「投機家」とか「トレーダー」が、そうでない人が行う普通の「買い」だけではなく、多くの場合はさらに空売りという手段による売りも行うということに比べて、いわゆる「プロ」でない人は当たり前に、買いの注文から入るものである。。
【紹介】金融ADR制度とは?金融に関する分野での裁判以外の方法での紛争解決制度(ADR)のことであって、金融機関の商品やサービスに関する紛争を低コストで簡単・迅速に処理する方法であると位置づけられている。

まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)から重要業務である金融制度の企画立案事務を移管したうえでこれまであった金融監督庁を新組織である金融庁として再組織した。翌2001年1月、金融再生委員会は廃止され、、金融庁は内閣府直属の外局となった。
意外かもしれないが、金融商品が関係する取引業務なんでも金融商品取引法(金商法:旧証券取引法)の条文によって、制限を受けているのではなくて、実例では通貨売買取引(いわゆる両替業務)にならば金融商品取引業の登録は必要ありません。
【用語】ファンダメンタル分析は、株式銘柄とか市場における根本的な情報分析をする方法です。先物とか為替では、経済や金利さらに製品や賃金などの、企業の全般的な状況に着目するのだ。
江戸時代は大名屋敷が立ち並んだ兜町のシンボルでもある東京証券取引所(2001年から)のすぐ隣(南側)のブロックに、歴史ある、みずほ銀行兜町支店があるのです。維新間もない1873年、後に日本一の金融街となるこの場所にわが国で初めての国立銀行である「第一国立銀行」が設立されたのである。
保険業法(改正平成7年)の定めに基づいて、保険を取り扱う会社は生保を扱う生命保険会社、損保を扱う損害保険会社に分かれて、どちらの場合も免許(内閣総理大臣による)を受けている会社以外は行ってはいけないきまり。

【知っておきたい】ストップロスという技が、できる人しか、投資でことは不可能です。損をきちんと認める度胸を持つことが必須である。もし、ストップロスが出来ない状態であれば、投資はするな。
知らないわけにはいかない、ロイズとは何か?イギリスのロンドンにある世界的に知られた保険市場なのです。イギリスの法の規定で法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてそのシンジケート(団体や組合)によって構成される保険組合を指す場合もある。
ほかの国で株式市場とか不動産に投資する投資家は、自分が投資した国の市場で「外国人投資家」という呼ばれ方をされて、ときどきその国の投資家のこと以上に活動がクローズアップされ、話題になります。
ということは「重大な違反」なのかそうでないのかは、金融庁において判断することなのだ。たいていの場合、些末な違反がだいぶあり、そのあおりで、「重大な違反」評価をされてしまうのである。
【解説】外貨MMFについて。国内であっても売買可能な外貨商品の名称(マネー・マーケット・ファンド)。一般的に外貨預金よりも利回りが良い上に、為替変動によって発生する利益が非課税なんていう魅力がある。興味があれば証券会社で購入しよう。