投資は他人任せにせず自分で勉強しよう

投資は他人任せにせず自分で勉強しよう

金融市場での「投資」という行動は所有する様々な資本を経済・経営活動、あるいは金融市場を通じてリスクの存在する投資対象に対して投入することである。資本投入する対象としては様々な種類の投資(金融)資産がある。
【解説】アセットアロケーションの基礎。アセットアロケーション(投資配分)は最初に決定したからといっておしまいではないのです。自分の決めたアセットアロケーションの取引状況を日ごろから精査し続けることが課題になります。
タンス預金の常識⇒物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、上昇分その価値が目減りするのです。たちまち生活に準備しておく必要のない資金なら、安全性が高くて金利が付く商品に資金を移した方がよい。
知らないわけにはいかない、ペイオフというのは、防ぐことができなかった金融機関の経営破綻による破産などに伴い、金融危機に対応するための法律、預金保険法により保護する預金者(法人等も含む)の預金債権に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事を指します。
いわゆるバブル経済(世界各国で発生している)ってどういうこと?不動産、株式などの時価資産の取引金額が行き過ぎた投機により実体の経済成長を超過しても高騰し続け、とうとう投機による下支えができなくなるまでの状態を指す。

【投資の前に】テレホン・マーケット(特定の場所に集まって行う取引ではなく、電話連絡で取引が成立するマーケット)のなかでとくに有名な市場では、一番にインターバンク市場(参加者は金融機関に限定。取引短資会社が仲介している)の代表的なものとしても知られる外国為替市場や銀行間取引のひとつ。短期金融市場であるコール市場などの市場がある。
【金融商品】J−REIT⇒投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年6月4日法律第198号)の定めにより構成される。J-REIT(日本版不動産投資信託の意味)のパターンとしては、投資信託 (上場されているものには選択されていない)または投信法に基づく投資法人(上場されているものは現在すべてこの形態)の二つの形態があるのだ。
【解説】ETF投資の際のリスク(危険性)を考えると、ほとんどの場合(1)投資対象の価格変動に伴うリスク(2)信用リスク(全てのETFではないが)(3)その他のリスク(信託終了となる事情など)といったものがあるのだ。特に(2)については取引によっては特別な注意が必要。
【トラブル】「投機」について⇒取引する会社などがどのような業務内容・経営状況なのかなどとは完全に無関係の取引で、株価が上がれば売り、下がれば買うを繰り返すことを続けてキャピタル・ゲイン(capital gain)という“利ざや”を得ることが目的の株式投資の手段である。
【金融商品】先物取引の知識。「証拠金(担保)制度」という制度を採用している金融商品です。このため手軽な資金からでも取引開始が可能なので、ハイリスク・ハイリターンの投機的な投資パターンも可能とされるのです。

Y2Kともいわれた2000年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を移管したうえでこれまであった金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁に再組織した。そして2001年1月、金融再生委員会は中央省庁再編にともない廃止され、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
【用語】TOPIX(東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数)に連動させたETF(証券取引所で取引される投資信託)を手に入れるということなのであれば、東京証券取引所一部株式公開中の全ての銘柄を保有するのと匹敵する好影響が予想できる。
【経済の基礎】日本経済は当然、さらに世界経済を知るには、金融さらに経済の根幹である株と金利さらに為替を把握するということが必須なのだ。なぜなら株価や金利や為替は常にぴったりと関わりあっているからだ。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):国債など公社債や短期金融資産で運用する投資信託のことを指す。万が一、取得して30日未満に解約した場合、その手数料には違約金も合わせて請求されるのである。
もしも、投資などの必要な勉強や情報収集が嫌いだったり、どうしても時間が足りない場合は、取引の専門家に自己資金の運用を任せてみる。あるいは必要な情報収集がそれほど重要ではない商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)などの売買を選ぶのが常識。