きちんと知っておきたい用語

きちんと知っておきたい用語

株はぴったりと関係しあっているのは、投資信託とか株式などだと言える。こういった株に近い商品にも注目しながら取引することで、きっと株の動向をもっと感じることができるようになるのである。
【投資商品】株の売買を引き合いに出せば、個人投資家の利用している取引形態は、実際に証券会社へ行っての窓口または営業に依頼する対面での取引よりも、ネットを経由したオンライントレードのほうが完全にメジャーになっている。
きちんと知っておきたい用語。金融機関の格付け(能力評価)というものは、ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関など含む国債・社債などの発行元、それらの信用力や支払能力などをアナリストの意見をもとに一定の基準に基づいて評価するという仕組み。
【解説】為替市場の動きに非常に素早く応える購入しやすい投資商品は?と聞かれたら、外貨預金(米ドルなど外国通貨による預金)や外貨MMF(MMF:公社債、短期金融資産で運用し利益を得る投資信託)、FX(margin Foreign eXchange trading)などと回答できる。
損保会社の業界団体である日本損害保険協会は、日本の損害保険各社および業界の健全な進歩と信頼性を増進させることを図ることにより安心、なおかつ安全な社会の実現に役立つことを協会の目的としているのだ。

金融商品の仕組み。株式は実は出資証券(つまり有価証券)であって、出資を受けた企業は購入した株主に対する出資金等の返済する義務はないとされているのだ。それと、株式の換金方法は売却によるものである。
保険業法(改正1995年)の規定により、保険を販売する企業は生保を扱う生命保険会社または損保を扱う損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、2つとも内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社でないと設立できないのです。
【投資】FX(外国為替証拠金取引:margin Foreign eXchange trading)で儲ける方法に関する知識。為替の揺れで儲ける為替の差益による方法と、取引する通貨の金利によって発生した差額による少し複雑なスワップのふたつがあり、二つをうまく組み合わせます。
覚えておこう、外貨MMFについて。現在、国内で売買可能である外貨建て商品の名称である。外貨建ての商品でも外貨預金と比べて利回りが良い上に、為替変動によって発生する利益が非課税として取り扱われる魅力がある。証券会社で誰でも購入可能。
平成20年9月15日、アメリカで最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したというニュースが世界中を駆け巡った。この誰も予想しなかった大事件が全世界を巻き込んだ金融危機のきっかけとなったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけたのだ。

【解説】FX:簡単に言えば、補償金をもとに外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引である。FXは外貨預金や外貨MMFなどより利回りが高く、さらに手数料等も安いというのがポイントである。身近な証券会社やFX会社へどうぞ。
【ポイント】「仕手」って何のこと?一部の投資家が計画的に株式価格の上げ下げを実現させる投機手段である。この「仕手」は違法行為ですが、現実問題として、この仕手が株式市場で行われなくなることは無いと思われます。
まさに世紀末の平成12年7月、旧大蔵省より金融制度の企画立案に関する事務を新たに統合し西暦1998年に発足した金融監督庁を金融再生委員会の下に属する金融庁として再編。そして平成13年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
【経済の基礎】日本経済は勿論、世界の経済を知る為には、金融と経済の基本である株と金利と為替を感じ取る事が一番大切なのだ。なぜなら株価、金利そして為替は複雑に関係しているからなのです。
【経済の基礎】スキャルピング:デイトレード(1日に複数回の取引を行う売買手法)のうちでも、特にほんのわずかな時間に数回株価が上下したことを知ると売買、反対決済を成立させるやり方を指して「スキャルピング」(scalping、「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」)というのである。